ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【限定5セット!】パリの気分を味わうマドレーヌの絵本7冊セットに、豪華なコースターをお付けします♪
白銀の馬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白銀の馬

作: リンド・ウォード
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「白銀の馬」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

言葉の変わりに。古代の絵文字のように。

ちょっと前に同作者の「おおきくなりすぎたくま」を読みました。とってもよかったので、作者の邦訳されていたもう一つのこの作品を図書館で探してきました。

とても幻想的で素敵な物語でした。
ただし、台詞(文字)は一言もありませんでした。
全てのページが絵だけで物語れていました。
ストーリーは7章に分かれていて、それぞれ星の数で区切りをつけていました。こういう表現の仕方もあるんだなぁと、驚きました。

内容は男の子と(たぶんペガサス)馬との友情と冒険のお話です。
ページ数はなんと175ページ!言葉の代わりにというより、古代の絵文字のようにすべてを絵で表現しているので、こんなすごいページ数になってしまったんだろうと推測できます。
各ページとも、全く手抜きなしの見応えのある絵でした。
馬の好きな人、絵に興味のある人はぜひ一度手にしてみてください。
なかなか見応えがあります。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

出版社おすすめ


リンド・ウォードさんのその他の作品

ちいさな赤いとうだい



葉祥明さんの描く不朽の名作

白銀の馬

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット