おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
星と神話 物語で親しむ星の世界
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

星と神話 物語で親しむ星の世界

監修: 井辻 朱美
写真: 藤井 旭
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年06月
ISBN: 9784062177306

小学中級から
B5変型・191ページ

出版社からの紹介

星座にまつわる、神々と人間たちのお話を21編収録。 神話を楽しみながら、星と星座のこともよくわかる!
観察に役立つ星座早見つき

夜空をいろどる星座には、それぞれロマンティックなエピソードがあるのを知っていますか?
それらは、古代ギリシアの神々と人間たちの物語。
この絵本では、美しい文章とイラストで、21編の星の神話を楽しめます。
夜空のなかに、星座の物語を探してみましょう。

<この本の特長>
●季節ごとに、よく見える星座を紹介し、星座にまつわる神話を21編収録。
●お話のはじめには、夜空に見える星座の写真と解説のページを設け、星座の見つけ方や、
 特徴についてわかりやすく説明。
●誕生星座はいつ見えるのか、星座はなぜ形を変えないのかなど、星についての知識をコラムで説明。
●自分で作る星座早見つき。使い方もていねいに紹介。
●関連したお話がすぐに見つけられる「関連リンク」つき。

【春の星座】
かに座・うみへび座の物語/しし座の物語/おおぐま座・こぐま座の物語/おとめ座の物語/アルゴ座の物語
【夏の星座】
てんびん座の物語/さそり座の物語/ヘルクレス座の物語/こと座の物語/へびつかい座・へび座の物語/いて座の物語
【秋の星座】
ペルセウス座の物語/ペガスス座の物語/アンドロメダ座などの物語/やぎ座・うお座の物語/みずがめ座の物語/おひつじ座の物語
【冬の星座】
おうし座の物語/オリオン座の物語/エリダヌス座の物語/ふたご座の物語

「イッキによめる!」シリーズ齋藤孝さん(明治大学教授)絶賛!
「人間の想像力のすばらしさにおどろき、感動する。充実の内容に、
『子ども時代にこの本と出会えていたら!』と思ってしまった。」


担当者のうちあけ話----------------------------------------------
私の子ども時代は全集全盛期で、図鑑もたくさん家にありました。図鑑といえば、おおむね理科です。
私は、宇宙のことはちっともわからず、でも星のお話の部分だけは好きな子どもでした。
オルフェウスが黄泉の国まで妻を迎えに行く話だとか、ペルセウスがメドゥーサの首を切り落とす場面など、
何度も何度も読んだおぼえがあります。
 今回は、あのころ自分が欲しかった本を作りました。
「あらすじ」ではなく、文学として美しい文章を楽しんでもらえるように、原稿は一流の先生方にお願いしました。
絵は、現代の少年少女がイメージをふくらませやすいように、
人気のイラストレーターの方々が描いてくださっています。
 もうひとつの自慢は藤井旭さんの美しい天文写真と理科のコラム。
この本に登場する星座について、理科の知識も補えて、星空を眺めるのが楽しくなること、うけ合いです。
 先日、金星の太陽面通過がありましたね。あいにく東京は天気が悪くほとんど見えなかったのですが。
「金星が動いていくように見えるのは地球が回っているからでしょ」
「金星も動いてるんだよ、だから少しずつ、ずれていくんじゃない」「へー」。
息子に呆れられました。金星は惑星。動く星。動かない星もあります。
それに光る星、自分では光らない星もある。星座がいつも同じ形に見えるのはなぜか? 
ということもこの本で今頃学び、理科のこともけっこう好きになれました。
だから読者のみなさんにも、お話を楽しんで、理科も好きになってほしいと思います。
夏休みにゆっくり楽しんでください。(チ)

星と神話 物語で親しむ星の世界

ベストレビュー

興味をひかれる構成で、お話も分かりやすいです。

21星座について、図鑑的な解説ページと星座神話が紹介されています。

解説ページには、星座の中にある特徴的な銀河や流星群などもきれいな写真で紹介されていて、6歳の息子の興味を惹いています。

神話は、適度に要約されながらも、物語の面白さは損なわない程度の適度な文量です。6歳には難しく噛み砕きながら読んでいますが、小学校中学年〜高学年なら一人で読めるでしょうか。大人が読んでも面白いと感じました。

その他、四季の星座の解説や、星座の見つけ方、コラムもあり、星座早見盤まで付いていて、これ1冊で何でも楽しめます。

息子は本を見ながら夜空を見上げ、簡単な星座を見つけることに夢中です。
本当に良い本に出会ったと思います。
(やじみさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

井辻 朱美さんのその他の作品

バレエ物語集 憧れの代表作10 / コミック版 世界の伝記(29) グレース・ケリー / 薔薇と茨の塔 下 / 薔薇と茨の塔 上 / 黒き翼の王 下 / お姫さま大全 100人の物語

藤井 旭さんのその他の作品

星・星座のクイズ図鑑 / ニューワイド学研の図鑑観察ブック 日食観測ガイド2012 / 新ポケット版学研の図鑑 (12) 星・星座 / ニューワイド学研の図鑑観察ブック 日食観測ガイド / ポプラポケット文庫 チロと星空 / ジュニア学研の図鑑Aセット(全6巻セット)



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

星と神話 物語で親しむ星の世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット