ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
みんなのはなび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなのはなび

  • 絵本
作・絵: おくはら ゆめ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年07月10日
ISBN: 9784265081189

3才〜小学校低学年向け
A4変型判 26.7×21.6cm
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ひゅるるーん、ぱんぱんぱーん。たぬきのぼーちゃんは、はじめて花火を見てびっくり。そのうち、めんたまはチカチカ、体もひかってきました。ほのぼの楽しい夏の夜のお話。

みんなのはなび

ベストレビュー

驚き 感動 興奮 そして はじけちゃった〜

こういう意味でみんな″のはなびだったんですね。
花火は、音を聞いて、目で見て、ズーンと体で感じるものですよね。
真下で見ているときなんか、火薬のにおいが鼻まで刺激してくれて。

こちらの皆さんは、目に来ちゃったんでしょうねぇ〜。
タヌキのボーちゃんのアップ最高です。
初めての花火だから驚きもひとしお。
おもらしもわかる気がします。
そして、ボーちゃん感動の段階へ。
さらに興奮は、ボーちゃんを花火と一体化させ、彼だけでなく、みんなに移って、・・・・・・。

いや〜、興奮してはじけちゃったって感じ、わかります。
子どもの頃、花火大会の夜はなかなか眠れませんでしたもの。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

おくはら ゆめさんのその他の作品

ともだちのいす / みずたまりぼっこ / たんぽぽはたんぽぽ / しっぽが ぴん / くろいながい / 9月のおはなし お月見テンテン



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなのはなび

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.07

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット