もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
岩波少年文庫 エーミルはいたずらっ子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 エーミルはいたずらっ子

作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥640 +税

「岩波少年文庫 エーミルはいたずらっ子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月17日
ISBN: 9784001142105

小学2.3年から
小B6判・並製
カバー・154頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

エーミルは、まんまるの青い目に金髪の、天使のような男の子。
ところがどっこい、素直な心のままの行動が、数々のごたごたを引き起こしてしまいます。
頭をスープ鉢につっこんで抜けなくなったり、景色を見せてやろうと、妹のイーダを旗柱に
宙ぶらりんにしたり、すっとんきょうないたずらが、みんなの度肝をぬきます!

ベストレビュー

素敵なお母さん

最初一人で読んだ息子は『エーミールと探偵たち』と内容を混同したようで、エーミルが五歳のいたずらっ子なのに戸惑った模様です。

名前が似ていますからね。作品の作家がそれぞれケストナーとリンドグレーンと説明してわかったようです。

すでに岩波書店からもハードカバーでエーミルの別のお話が出ていますが、その他のお話は今まで私は講談社文庫の方で読んでいて子どもにも読ませたいと思ったので、こうして岩波少年文庫からこのシリーズが出てうれしい限りです。

エーミルは五歳ですが、そのいたずらっぷりのすごいこと。五歳でよくここまで考え付くものだと感心しますが、それだけ好奇心が旺盛な証拠なんでしょうね。

エーミルの行く末を心配した人たちからエーミルをアメリカへ行かせるようにとカンパのお金をもらったお母さんが「エーミルはかわいい子です」「わたしたちはあのまんまのエーミルが好きなんです」と言い放つこの言葉。

こんな風に子どものことを思ってくれるまた毅然として言いはなつことができるお母さん、とてもいいなあと思いました。読んでいる子どもたちもこの個所を読んだなら自分自身のことも肯定的に捉えられて嬉しくなりそうです。

エーミルのような子が身近にいたらハラハラドキドキだと思いますが、五歳前後の子どもの押さえられない好奇心、行動よく捉えている作品だと思います。

字が細かいのでいきなり一人で読むというのは敬遠してしまうお子さんがいるかもしれませんが、一章だけでも読み聞かせで聞いたらその後が知りたくなりそうです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

石井 登志子さんのその他の作品

雪のおしろへいったウッレ / わたしもがっこうにいきたいな / 岩波少年文庫 エーミルの大すきな友だち / 岩波少年文庫 エーミルとクリスマスのごちそう / ぼくもおにいちゃんになりたいな / 岩波少年文庫 川のほとりのおもしろ荘



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

岩波少年文庫 エーミルはいたずらっ子

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット