大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
絵本 よっちゃんのビー玉
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本 よっちゃんのビー玉

文: 児玉辰春
絵: 北島新平
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年07月20日
ISBN: 9784406024501

小学校低学年〜小学校中学年

出版社からの紹介

広島に落とされた原爆でよっちゃんはなくなりました。「ビー玉がきれいじゃねえ」ということばを残して。ビー玉は兵隊にいったおにいさんが、よっちゃんのために見つけてきてくれたものでした…。ビー玉に秘められた戦争の悲しみを描く大型絵本!

ベストレビュー

悲しみ、切なさ、途中で声が詰まりました

学生の頃、広島の原爆資料館を見学した際に購入した絵本。
息子が小学生になってから読んでみようと思っていた。
久しぶりに開く絵本。
ほのぼのとした場面から始まった絵本。

広島駅でのよしお兄さんとよっちゃん、よっちゃんの最期の言葉、お母さんの気持ち。
途中、涙をこらえ、声が詰まりました。
戦争経験者、被爆者の高齢化から、その恐ろしさ、悲惨さを聞く機会も減ってきています。
こどもたちのためにも守っていきたい平和。

戦争の恐ろしさ、残酷さを伝える絵本だと思います。
大人の方々にも是非読んでほしい絵本です。
(ほっこり日和さん 30代・ママ 男の子6歳、男の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


児玉辰春さんのその他の作品

絵本 まっ黒なおべんとう / 伸ちゃんのさんりんしゃ / よっちゃんのビー玉 / まっ黒なおべんとう

北島新平さんのその他の作品

マブニのアンマー おきなわの母 / かかしの家 / 日本みんわ絵本のシリーズ かあさんのおめん / さるじぞう / ばんどりだいこ / ランドセルをしょったじぞうさん



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

絵本 よっちゃんのビー玉

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット