たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
カメラを食べたゾウ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カメラを食べたゾウ

文: 鎌田 俊三
絵: 大石 容子
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カメラを食べたゾウ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年07月08日
ISBN: 9784406033046

小学校低学年〜小学校中学年

出版社からの紹介

クウェートに攻め込んだイラクをアメリカを中心とした国々が攻撃した湾岸戦争(1991年)。そのかげで、クウェートの動物園の動物たちも死んでいました。ゾウのアジザとサラは、食べ物もなくやせて、取材に来たカメラマンのカメラを食べてしまいます。その夜、こわれたカメラから写真が…。本当にあった話からの創作絵本です。

ベストレビュー

動物たちは戦争の犠牲者

この絵本は、柳田邦男さんが「かわいそうなぞう」と共に紹介されていたので、私は戦時下の上野動物園の事を思い出しました。
湾岸戦争という今の子どもたちにとって過去物語の時代を生きた者として、汚染された海で石油まみれになった鳥や生き物の姿は思い出されるけれど、動物園でこのようなことが起きていたことに、今さらながら驚きました。
事実を基にした創作物語ということですが、戦争という事実と現実感から離れてしまった展開から、真実を読みとるのがちょっと難しい絵本ですが、子どもたちに伝えながら一緒に考えていかなければいけない事が詰まっていると思いました。
いまだに世界のあちらこちらで続いている戦争と、パンダの赤ちゃんが生まれて平和そのものの上野動物園でかつては動物たちが人間の手で命を絶たれた事実と、子どもたちにいかに伝えるか、私の課題が示されていました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

カメラを食べたゾウ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット