ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
シュクラーン ぼくの友だち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シュクラーン ぼくの友だち

  • 児童書
作: ドリット・オルガッド
絵: 丹地陽子
訳: 樋口範子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

ISBN: 9784790231622

小学校高学年から中学生

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

主人公のガブリエルはユダヤ人少年。一家はアルゼンチンで裕福な生活を送っていたが、ユダヤ人に対する差別や迫害に耐えられず、イスラエルに移民した。だが少年を待っていたのは、同じユダヤの子どもたちによるいじめだった。学校にも馴染めず悶々とした日々を送る孤独な少年は、ある日アラブ人少年ハミッドに出会う…。
歴史に翻弄され続けるイスラエルを舞台に、民族の確執、民族を超えた友情、自由の意味を描いた作品。家族や友だちとの「絆」の物語。日本国内では、数少ない貴重なイスラエルの児童文学作品!

シュクラーン ぼくの友だち

ベストレビュー

イスラエルの児童文学

貴重な一冊だと思います。
内容は重いけど、世界情勢をかんがみると
ぜひ読んだほうがいい一冊だと思います。
丹地さんの絵もすてきでした。
日本に住んでいるとあまり意識することができない
民族の問題や、宗教の問題を考えさせれました。
これからの子供たちには、もしかしたら
ものすごく身近なことになるかもしれない…と思いつつ。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「シュクラーン ぼくの友だち」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


丹地陽子さんのその他の作品

オズの魔法使い / あの花火は消えない / ポプラ世界名作童話(3) 小公女 / ジゼル クラシックバレエおひめさま物語 / 迷宮ヶ丘 八丁目 風を一ダース / ずっと空を見ていた

樋口範子さんのその他の作品

ぼくたちに翼があったころ コルチャック先生と107人の子どもたち



『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

シュクラーン ぼくの友だち

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット