貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
てぶくろを買いに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てぶくろを買いに

作・絵: ひろのみずえ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年02月
ISBN: 9784477018416

小学校低学年〜大人

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人間を疑う母ぎつねと、無邪気で人間をおそれない子ぎつねを通して、きつねも人間も、親子のふかい愛情で結ばれていることがわかる大判絵本。「てぶくろを買いに」は、小学校国語教科書3年で、東京書籍が扱っています。

てぶくろを買いに

ベストレビュー

絵がかわいくて 子ども達に読んであげました 

新美南吉さんの「てぶくろをかいに」はいろんな方が絵を描いていてたくさんの絵本があります
黒井健さんはじめ10冊ほどあります
ひろのさんの絵は子ども達にも見やすいので 先日学校で読んであげました
きつねの母さんと子ぎつねの情愛     
新美南吉さんの文章が丁寧に描かれていて 文学性のある作品です

お母さんは 以前に人間に怖い目にあったので  自分は怖くて 子どもとてぶくろを買いに行くことができません
だからこそ 子ども一人でいかせ 母親として 子どもを心配する気持ちが 良く分かります
母きつねは 葉っぱのお金じゃなくて 本物の白銅銀貨を持たせました

人間の帽子やさんも 優しい人ですから てぶくろを売ってくれました

大喜びで帰ってきたこぎつね   心配しながら待っていた母さんきつねはだきしめて 泣きたいほど喜びました
母の気持ちに じーんときます
 
ラスト 子ぎつねは  「人間ってちっともこわかないや」と言いますが
お母さんは  本当に人間はいいものかしら。 とつぶやくのです
母親の人間に対する気持ち 考えさせたれます

人間と動物の共存   動物たちも 自分の命を守るために真剣です

良いお話しです  子ども達にはどのように届いたかな?
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「てぶくろを買いに」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ひろのみずえさんのその他の作品

ひとりって、こわい! / 駒ちゃんは片翼のオオハクチョウ / 小学校たのしい理科の教室 電気を起こす・ためる・利用する / だいじょうぶダック / 3びきめのひつじ / いつまでもここでキミを待つ



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

てぶくろを買いに

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット