となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
語り伝えるアジア・太平洋戦争(4) 空襲、疎開、日本の敗戦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

語り伝えるアジア・太平洋戦争(4) 空襲、疎開、日本の敗戦

文・監修: 吉田 裕
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月28日
ISBN: 9784406055239

小学校高学年〜中学生

出版社からの紹介

圧倒的な戦力の差に負けがつづき、追いこまれていく日本。子どもたちの集団疎開、都市への爆撃がはじまり、国民のあいだにも、ようやく戦争の勝敗への疑念がわきます。それでも戦うという陸海軍。特攻の実像とは?東京大空襲から沖縄戦、原爆投下での大量犠牲のうえに敗戦をむかえる日本を学びます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉田 裕さんのその他の作品

平和を考える 戦争遺産図鑑 (全1) / 語り伝えるアジア・太平洋戦争(5) おわらない戦後と平和への道 / 語り伝えるアジア・太平洋戦争(3) 戦時下、銃後の国民生活 / 語り伝えるアジア・太平洋戦争(2) アジア・太平洋戦争の開戦 / 語り伝えるアジア・太平洋戦争(1) 開戦への道のり



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

語り伝えるアジア・太平洋戦争(4) 空襲、疎開、日本の敗戦

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット