アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
語り伝える空襲(2) 日本が戦場になった日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

語り伝える空襲(2) 日本が戦場になった日

文・監修: 安斎 育郎 
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「語り伝える空襲(2) 日本が戦場になった日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月28日
ISBN: 9784406051385

小学校高学年〜中学生

出版社からの紹介

空から降ってくるものは、雨、雪、あられ……? 太平洋戦争中、日本人は北海道から沖縄まで、爆弾が降ってくる恐ろしい日々を体験しました。なぜそんなことに? 末期にあった沖縄での悲惨な地上戦と、東京を除く関東地方の空襲についてまとめ、明治時代からの近代日本の歩みを振り返りながら考えます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

安斎 育郎 さんのその他の作品

シリーズ戦争語りつごうヒロシマ・ナガサキ(2) キノコ雲の下で起きたこと / シリーズ戦争 語りつごうヒロシマ・ナガサキ(3) 歴史を未来にいかす / シリーズ戦争 語りつごうヒロシマ・ナガサキ(4) 核兵器とはどういうものか / シリーズ戦争語りつごうヒロシマ・ナガサキ(5) 平和についてかんがえる / 安斎育郎先生の原発・放射能教室(1)放射線と放射能を学ぼう / 安斎育郎先生の原発・放射能教室(3) 放射能からいのちを守るために



新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

語り伝える空襲(2) 日本が戦場になった日

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット