すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
語り伝えるヒロシマ・ナガサキ(1) あの日、家族が消えた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

語り伝えるヒロシマ・ナガサキ(1) あの日、家族が消えた

文・監修: 安斎 育郎 
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月23日
ISBN: 9784406031134

小学校高学年〜中学生

出版社からの紹介

たった一発の原爆が、広島の町を焼きつくし、多くの人の人生を変えてしまったあの日。そして今も続く被爆者の苦しみ。被爆60年を前に、被爆者の証言、遺品と写真で見る、小学校高学年からの平和学習にぴったりのシリーズ(全5巻)が登場です。第1巻は広島の被爆者、被爆2世の生の経験から、原爆被害の非人間性を伝えます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安斎 育郎 さんのその他の作品

シリーズ戦争語りつごうヒロシマ・ナガサキ(2) キノコ雲の下で起きたこと / シリーズ戦争 語りつごうヒロシマ・ナガサキ(3) 歴史を未来にいかす / シリーズ戦争 語りつごうヒロシマ・ナガサキ(4) 核兵器とはどういうものか / シリーズ戦争語りつごうヒロシマ・ナガサキ(5) 平和についてかんがえる / 安斎育郎先生の原発・放射能教室(1)放射線と放射能を学ぼう / 安斎育郎先生の原発・放射能教室(3) 放射能からいのちを守るために



鉄道キッズ集まれ!JR私鉄全路線地図は地理や漢字の勉強にも

語り伝えるヒロシマ・ナガサキ(1) あの日、家族が消えた

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット