となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ことりになったエノキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ことりになったエノキ

作: 白木 惠委子
絵: ふりやかよこ
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ことりになったエノキ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年06月15日
ISBN: 9784406028905

小学校低学年〜小学校中学年

出版社からの紹介

1945年8月6日の広島。エノキは原爆の炎に焼かれ幹をえぐりとられました。戦争が終わって、エノキは、みんなの分まで懸命に生き、そして力尽きました。枯れてしまったエノキから生まれた小さなコカリナのいのちの音が、広島の空に響きます─。

出版社おすすめ


ふりやかよこさんのその他の作品

ころげ月 / 花曜日 / 母ちゃんのもと / ちっこばぁばの泣いた夜 / さくらの下のさくらのクラス / のらねこのポラ



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

ことりになったエノキ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット