くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
地球の心はなに思う
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地球の心はなに思う

編: 日本児童文学者協会
絵: 石庭 美和
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「地球の心はなに思う」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月18日
ISBN: 9784406050692

小学校高学年〜中学生

出版社からの紹介

1945年3月半ば、ドイツのベルゲン・ベルゼン収容所。そこは「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクが、解放を目前に亡くなったところ。現代の日本からタイムスリップした広子と美沙は、なんとかアンネを救おうとするのだが……(「続アンネの日記」)。子どもとともに戦争と平和を考え合いたい短編6編と詩1編を収録。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本児童文学者協会さんのその他の作品

不思議に会いたい / 自分からのぬけ道 / 旅立ちの日 / 家族のゆきさき / 明日をさがして / あなたのとなりにある不思議 ぶるぶる編



『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

地球の心はなに思う

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット