雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ゆかいな神さま ふじづるのまもり 水のタケル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆかいな神さま ふじづるのまもり 水のタケル

作: 岡崎ひでたか
絵: 高田 勳
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月28日
ISBN: 9784406053969

小学校低学年〜小学校中学年

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

タケルは、いたずらぼうずのこまり者。でも、竜王さまのところで修行をおえ、いまではりっぱな若者だった。洪水で水びたしになったスワの村を、竜となったタケルが救う。警戒したスワの総大将モリヤ王は、タケルにたたかいをいどむが――。青銅の円ばんをくりだすモリヤ王。対するタケルは、ゆらゆらふじづるをゆらすだけ。

ベストレビュー

水の神様のお話

このお話は子供の時にとっても暴れん坊な男の子がみずのかみさまになるまでのおはなしでした。ちゃんとした水の神様になるために村人を助けたりして、成長していく姿がうちの子はかっこいいって言っていました。「強くて優しい」の言葉がぴったりのお話です。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

岡崎ひでたかさんのその他の作品

ゆかいな神さま スクナビコナのがまんくらべ / ゆかいな神さま 木をうえるスサノオ / 荷抜け / 戦場の草ぼっち / 天と地を測った男



『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

ゆかいな神さま ふじづるのまもり 水のタケル

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット