もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ゆかいな神さま おどって! ウズメ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆかいな神さま おどって! ウズメ

作: 山口節子
絵: 里見 有
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ゆかいな神さま おどって! ウズメ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年02月15日
ISBN: 9784406054355

小学校低学年〜小学校中学年

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ウズメは、うたっておどる以外なにもできない神さまです。ほんとうに、ただそこにいるだけの神さまなのです。けれども村人たちにとても愛されていました。ウズメは、夜通し、全身でうたい、おどりました。魚まねきのおどりです。不漁がつづく海人たちの村に魚がやってくることを、ウズメは心の底からねがっていました――。

ベストレビュー

日本の神様

「ウズメ」・・・アメノウズメの神様?かな?

「ゆかいな神様さま」シリーズのようです

おかめのお面のような
にこやかな顔で踊っている表紙が
かわいくて手に取りました

「なにも出来ない」神様!?
踊るだけ
ただ、いるだけ
それでも、すごい存在のようです

サダヒコって、サルタヒコのことかな?
と、すっかり忘れている神話を
思い出させてくれました
神話が頭にあると
ちょっと「あれ?」って思っちゃいますが

ウズメさまを大事にするやさしい人々でも
いさかいは起こります
こんないさかいは
時代に関係なく、いつでもあること
それがうずめさまの
なんということのない様子で
一気に解決するのですから
すごい

「なにも出来ない」「なにもしない」
でも、人々に寄り添うことで
力を発揮する
すごいことですね

でも、そう見えてて
ウズメさま本人は
“人々のために”「何かをしたい」と思っているという

ちょっと、感覚的で
わかりづらいかもしれません
日本の神様の独特にとらえかただなぁ
と、思いました
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

山口節子さんのその他の作品

ちえちゃんのおはじき / 犬といっしょに。 / ゆかいな神さま たたらをふむ女神カナヤゴ / ゆかいな神さま 空とぶ太陽の神ヒルコ / 紙芝居 おにばばときんのくさり / そらちゃんとへびひめさま



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

ゆかいな神さま おどって! ウズメ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット