ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
アラスカの詩 極北に生きる人びと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アラスカの詩 極北に生きる人びと

写真・文: 星野 道夫
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月18日
ISBN: 9784406054171

小学校高学年〜高校生

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

星野道夫がアラスカに魅かれ続けたのは、厳しい自然と向きあい生きる人びとがいたから。開発の波にさらされながらも伝統的な暮らしや文化を受けつぐ先住民たち、何かを求めてアラスカの地に渡ってきた人たち。彼らとの出会いが、星野道夫のひとつの旅を終着駅へと導く――。極北で営まれる多様な「生」のあり方をあたたかな筆致で伝える。ルビ付・大きい活字。

ベストレビュー

人々の魂の輝きを見つめて・・・

『人間の風景の面白さとは、
私たちの人生がある共通する一点で同じ土俵に立っているからだろう。
一点とは、たった一度の一生をより良く生きたいという願いであり、
面白さとは、そこから分かれてゆく人間の生き方の無限の多様性である。』
(―「極北に生きる人びと」‘生まれ持った川’より)

星野道夫のアラスカの詩三部作のうちの1冊で
星野道夫がそれまでに出会った、
極北のアラスカに生きる人びとに焦点をあてて書かれたものです。

人の生き方とは、こんなに多様性のあるものなのだと
深く感動しました。

作品中で(星野道夫の友人)アル・スティーブンスが
「ミチオ、誰もが自分の人生を書きつづる力があったらいいだろうな。どんな人間の人生も語るに値するものだと思う・・・。」
と言っています。

生きて行くということは、楽しいことや幸せなことばかりではありません。
時には果てしない悲しみや苦しみの渦に巻き込まれてしまうことも。
それでもひたむきに生きる極北の人々。
そういった人々が発する魂の輝きを
星野道夫は同じ土俵に立ってしっかり捉え、見つめ、耳を澄まし、
愛情を込めて綴ったのが、この本なのだと思います。

今を生きる全ての人への
応援歌のようにも感じられる素晴らしい1冊です。
(R☆さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

星野 道夫さんのその他の作品

アラスカの詩 夢を追う人 / アラスカの詩 めぐる季節の物語 / 最後の楽園 / オーロラの彼方へ / ラブ・ストーリー / クマよ



お気に入りのくだものはどれ?

アラスカの詩 極北に生きる人びと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット