すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おどる12人のおひめさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おどる12人のおひめさま

  • 絵本
作: グリム童話
絵: エロール・ル・カイン
訳: 矢川 澄子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おどる12人のおひめさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784593501250

課題図書すばこ

みどころ

むかしむかし、とても美しい12人のお姫様がいました。ところが、お姫様たちには不思議な謎がありました。朝になると、お姫様たちの靴はまるで一晩中踊り続けたようにぼろぼろになっているのです。王様は国中におふれを出し、謎解きをしてくれた者に褒美を与えるというので、何人もの王子が挑みましたが、成功する者はいません。そうして、ある貧しい兵士が挑戦することになりました。兵士は、老婆からもらった知恵と魔法のマントを使い、真夜中、美しく着飾ったお姫様たちの後をつけるのに成功したのでした。さあ、お姫様たちが出かけていった先は…。

グリム童話のこのお話は、エロール・ル・カインの繊細で豪華な絵によって、さらに魅力が増したと言えるでしょう。お姫様のドレスや宮殿、森などの風景描写は息をのむ美しさ。アールヌーボーや中近東の繰り返し文様などの要素も自在におりまぜたエロール・ル・カイン独特の表現をたっぷりお楽しみください。矢川澄子さんによる翻訳も、賢いお姫様たちの雰囲気を見事に伝えています。大人の女性も楽しめる、深みのある作品です。

(長安さほ  編集者・ライター)

出版社からの紹介

12人の美しいお姫さまのくつが、朝になるといつもぼろぼろになっているのを不思議に思った王様が、この謎を3日以内に解いた者に国をつがせるとおふれをだします。そして一人の貧しい兵士が名のり出ました。4、5歳から。

ベストレビュー

美しい本です

グリムの昔話です。

お姫様や王子が出てきて、おとぎ話の要素が強いイメージですが、幼い子というよりは、高学年または大人も充分に楽しめると思います。

ル・カインの絵が、その年齢の読者にも訴えかける、鑑賞にも充分にたええる美しさです。
ドラマチックなストーリーに調和しています。

おすすめです。
(ピコピコピコさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリム童話さんのその他の作品

(デジタル)ラプンツェル / (デジタル)はくちょうのおうじ / (デジタル)しろばらとべにばら / (デジタル)かえるのおうさま / (デジタル)おいしいおかゆ / (デジタル)ねむりのもりのひめ

エロール・ル・カインさんのその他の作品

三つのまほうのおくりもの / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / グリム童話 いばらひめ 新版 / イメージの魔術師 エロール・ル・カイン(改訂新版) / かしこいモリー / アルフィとくらやみ

矢川 澄子さんのその他の作品

魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / 12月くんの友だちめぐり / 岩波少年文庫 145 風の妖精たち / 帰ってきた星の王子さま / 福音館文庫 若草物語



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

おどる12人のおひめさま

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット