貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
あらしのよるに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あらしのよるに

  • 児童書
作: 木村 裕一
絵: あべ 弘士
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年10月28日
ISBN: 9784062528528

日本図書館協会選定図書
産経児童出版文化賞JR賞
講談社出版文化賞絵本賞


りとる版あらしのよるにシリーズ
大型版あらしのよるにシリーズ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あらしのよるに、たったひとり、みしらぬところでだれかにであえたら、ほっとしますよね。でも、そのだれかさんが、こわーいあいてだったら……。きみならどうするかな?

ヤギとオオカミのおはなしは以下続編として『あるはれたひに』『くものきれまに』『きりのなかで』『どしゃぶりのひに』と刊行されています。

ベストレビュー

ほんとうのじぶん

 オオカミと羊が友だちになるなんて、そんな破廉恥な!
木村祐一の舞台設定が危険です!肝をキュ〜っともってかれちゃったんです。こどもはハラハラしようか、みんななかよしを信じようか、幼稚園せんせいとの信頼をなくしかねない心境に胸をいためたでしょう。

 どうぶつ園フリークのわが家が、あべ弘士というどうぶつ飼育員が描いた絵本に興味を持った一冊でした。独特のタッチ、へにゃへにゃの絵、時に爆発するパワフルカラー。やけに気になるのは娘の側でした「あたしにもかけそ〜」。
 
 というわけで、舞台を観るかのような興奮を、ありがとうございました。「ほんとうはみんな、なかよしだったね」・・真実を悟ったかような娘でした。
(もゆらさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木村 裕一さんのその他の作品

点字つきさわる絵本 あらしのよるに / もりがもえた / めざせ!動物のお医者さん / 使える!役立つ!はつめい工作 / ロボロボ ロンとゆかいなおてつだいロボット / いもうとだいすき

あべ 弘士さんのその他の作品

大造じいさんとがん / 手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / わにのスワニー



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

あらしのよるに

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット