雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ふとんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふとんちゃん

  • 絵本
作: きむら よしお
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年07月
ISBN: 9784871100762

25.7×21.0cm 32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

空から、すとんと落ちてきたふとんちゃん。
「どうしたの」「どうしたの」と、つぎつぎに変化していきます。

ふとんちゃんから赤ずきんちゃんへ。
赤ずきんちゃんから団子へ。
団子からリンゴへ。
リンゴからゴリラへ。

意表をつかれる展開の妙。
ドキドキした後のなごみ感。
どちらもたっぷり味わえる。
「この面白さは、はじめてだ」
そんな声が聞こえてきそうなユーモア絵本です。

ふとんちゃん

ベストレビュー

ふとんちゃん!やっぱりふとんだもんね。

空から登場するふとんちゃん!それからそれから…どうしたの?

ふとんちゃんが何かするたび「…どうしたの?」と次へと話がすすみます。

親のわたしが「どうしたの?」を読み!子供がページをめくり次の話しを読み!
親子で楽しめる絵本になっていると思います。

表紙の絵が可愛くて選んだ作品ですがなかなか内容も先がよめなくて…次はどうなるのかな?と親子で期待しながら読み進んでいきました。

想像できない物のに変身するふとんちゃんを楽しんでほしいと思います。

最後はなんだかふとんちゃんの温もりが伝わってくる感じでよかったです!
(若ゴボウさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら よしおさんのその他の作品

トントンがゆく / おひいさん / 魚助さん / がむしゃら落語 / わん ニャン / じいちゃんのよる



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

ふとんちゃん

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.82

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット