ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ひなとてんぐ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひなとてんぐ

  • 絵本
作・絵: 瀬川 康男
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「ひなとてんぐ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784494002375

2歳〜
B5変型判・21×18.6cm・32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

こいぬのひなはてんぐに、大切なトキンやケサなどをつぎつぎとかりては台無しにしてしまい…。

ベストレビュー

大人ですわ

瀬川康男さんの「ひな」第2弾です。
今度のひなは、てんぐと遊ぶのですが、前作同様、絵が素晴らしいです。てんぐもひなもダイナミックで、こんな天狗や犬は他にはいないでしょう。
ひなはてんぐが身に着けているものを欲しがっては、次々に壊してしまい、とうとうてんぐを丸裸にしてしまいます。ひなに悪気はまるでなく、てんぐも決して怒ったりせず、ひなの要求に「うん、うん」と鷹揚に対応します。
ひなは、てんぐが丸裸になって初めて、大変なことをしてしまったことに気付くのですが、そこは、てんぐが本当に上手に丸く収めてくれるのです。
好奇心のままに突き進む幼児と、ゆったりと相手をする大人の関係がそこにはあります。
てんぐの落ち着いた対応に、「う〜ん」とうなり、「大人ですわ〜」と感心してしまいました。
繰り返しのお話なので、1,2歳からでも充分楽しめます。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


瀬川 康男さんのその他の作品

ひな / かぜのかみとこども / 瀬川康男画集 いきとし いけるもの / こしおれすずめ / Peek-a-Boo いない いない ばあ (英語版) / Smiley Face いいおかお (英語版)



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ひなとてんぐ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット