くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かいとうドチドチ雪のよるのプレゼント
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かいとうドチドチ雪のよるのプレゼント

  • 児童書
作: 柏葉 幸子
絵: ふくだ じゅんこ
出版社: 日本標準

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784820803164

低学年向き
A5判・上製・64ページ

出版社からの紹介

冬のある夜,どうしてもラーメンが食べたいドチドチ。おくさんのサッサにダメと言われてもあきらめきれないドチドチはこっそり家をぬけだします。かいとうドチドチシリーズ第2弾。

ベストレビュー

風変わりな泥棒のお話

かいとうドチドチが、雪の夜に急にラーメンを食べたくなり、外に盗みに出かけるお話。ドチドチは犬からラーメンを盗むことになるのですが、それと引き換えに渡したのは魔法の飴。その飴をなめるととっても不思議なことが起こるのです。
ドチドチのいままで盗んだものについても描かれているのですが、それが不思議の国のアリスに出てくるうさぎから盗んだ飴だったり、おもしろいものばかりなので、それについてのお話も知りたいなぁと思いました。
ドチドチシリーズの一作目は絵本で読んだのですが、こちらは小学生向け?でした。絵は、絵本の方が可愛いと娘は申しておりました。
(じっこさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柏葉 幸子さんのその他の作品

モンスター・ホテルでプレゼント / あんみんガッパのパジャマやさん / 涙倉の夢 / 竜が呼んだ娘 やみ倉の竜 / モンスター・ホテルでパトロール / おばけ遊園地は大さわぎ

ふくだ じゅんこさんのその他の作品

とらんぽりんぽーん / ちょきちょきブロッコリーさん / とりかえっこ とりかえっこ / ケッセラセラいちざ / おつきさまはまあるくなくっちゃ! / たまごサーカス



『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

かいとうドチドチ雪のよるのプレゼント

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット