ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
空想の繪本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

空想の繪本

  • 絵本
著者: 安野 光雅
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年10月20日
ISBN: 9784062663656

B24取/59ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

Anno’s Miracle World(あんのみつまさふしぎなせかい)
時の過ぎゆくままに遊びをせんとや生まれけん

時計など、この本に納めた絵を見るにつけ、随分時間が経ったものだな、とこの頃しきりに思う。そして「時の過ぎゆくままに」という曲を連想し、(中略)それぞれの絵を描いた時の「たねあかし」のようなことを書こうと考えた。――あとがきより

ベストレビュー

安野さんの絵を楽しむ

安野さんの絵の世界は、こだわりの不思議空間だと思いました。
この絵本に収録されている数々の作品や、習作に気づけば、簡単に騙されている自分でした。
安野さんの絵の世界は、とても緻密な世界です。
違和感を持つゆとりを与える隙のない、緊張感を持っていると思いました。
改めて安野さんの絵本を訪ね歩きたくなるような本でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

わたしの好きな子どものうた / 小さな家のローラ / 森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

空想の繪本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット