雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
シリーズはたらく農業機械3 管理機
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シリーズはたらく農業機械3 管理機

作: こどもくらぶ編集部
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784540112539

A4変 32ページ

出版社からの紹介

管理機とは、田畑の手入れに使われる小型の歩行型トラクタ。テイラやミニ耕うん機などとも呼ばれ、農家ばかりでなく、最近では家庭菜園を楽しむ人にも広まっている。トラクタ(第1巻)と同じようにさまざまな作業機(アタッチメント)をとりつけると、耕うん、うね立て、土よせ、マルチはりなどいろんな作業ができるすぐれもの。そのしくみや種類、はたらき、基本的な使い方などを写真とイラストをふんだんに使って紹介する。このほか、大きな畑や田んぼでかつやくするトラクタの作業機や乗用管理機、かんがい用の機械・設備なども収録。

ベストレビュー

わが家、『難しそうな本』ブーム中

図書館に行くと、とりあえず『難しそうな本』を借りたがる娘。
そんな娘が選んだ一冊。

農耕のあゆみとともに、発展してきた農耕機械。この本は、農耕機械のうちの『管理機』を紹介した本です。農耕機械を知ることで、日本の農業を知ることもできます。
トラクタや田植え機に比べ、馴染みの少ない管理機ですが、「へ〜、こんなことまで、機械でできるようになってるんだ」と農業の進歩が、目に見えて感じられました。

園で、作物を育てている娘は、自分たちの手作業と比べて、興味をもっていました。正直、読み聞かせって感じではないですが、作物を育てたことのある子なら、楽しくみれるのではないかなと思います。娘も、何回かもってきました。
車や機械が好きな子にもいいかもしれません♪
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こどもくらぶ編集部さんのその他の作品

まちのしくみ / 透視絵図鑑なかみのしくみ キッチン / 辞書・事典のすべてがわかる本 / 透視絵図鑑なかみのしくみ / 目でみる1mmの図鑑 / 外国語でスポーツ 1 英語でスポーツしよう!あそぼう!



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

シリーズはたらく農業機械3 管理機

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット