庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
リボン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リボン

  • 児童書
作: 草野たき
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「リボン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784591099841

小学校高学年〜
20cm x 13cm 189ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

やりたいことなんてわかんない
 でも、ときどき焦る・・・

 友情、部活、家族、将来、恋、
 十五歳のゆれる気持ちを
 リアルにとらえた一年間の物語。

「先輩、リボンくださぁ〜い」
卓球部女子には、卒業式に先輩から制服のリボンを貰う伝統がある。
人気があるのは、卓球のうまさよりも、断然彼氏持ちの先輩。
試合も勝てず、彼氏もいない池橋先輩に、亜樹はなぜかリボンを貰えなかった。    
部活も家族も友だちも「波風を立てないこと」をモットーに生きてきた亜樹の中で、    
今、何かが変わりつつある・・・。    
うつりゆく十五歳の気持ちをリアルに描いた一年間の物語。

ベストレビュー

将来

中二の3月から卒業までの亜樹の物語。
友達や先輩、姉と周囲を見て、自分ははっきりとした将来が見えないと悩みます。これくらいの子にはありがちな悩みかもしれませんね。何歳になっても将来が見えてこないという人もいるくらいですし、自分がしたいことは何か早く見つけたいという気持ちは分かるけれど。あせらずゆっくりいきましょう。
最初と最後で亜樹の成長が見られます。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


草野たきさんのその他の作品

Q→A / グッドジョブガールズ / まほとおかしな魔法の呪文 / 空中トライアングル / リリース / 反撃



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

リボン

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット