あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
たまねぎちゃん あららら!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たまねぎちゃん あららら!

  • 絵本
作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 世界文化社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年09月05日
ISBN: 9784418128198

読み聞かせなら3歳から
ひとり読みなら6歳から
26.5×22.8cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

大人になって料理をするようになると・・・「たまねぎ」のその存在感の大きさを感じちゃいませんか?
刻んで炒めれば甘さが出てきてどんな料理だって引き立てちゃうし、体にもいい。
保存だってきくし、ありがたや、ありがたや、なのです。

長野ヒデ子さんの描いた、このたまねぎちゃんの絵本。
父さんと母さん、そしてこどものたまねぎちゃん。
たまねぎ家族はとっても可愛らしいのだけど、
しっかり乾燥して実がつまっていて、いかにも甘みがありそうな感じが伝わってきます。
それもそのはず、長野さんはどうやら大のたまねぎ好きらしい。
「たまねぎの底力を子どもと一緒に楽しみたい!」
という意気込みの声に表れていますよね。

いつもはひもにぶら下がって風にふかれているたまねぎ家族が、旅に出た。
すると子どもたちに出会って「こんにちは」。ところがみんな、たまねぎが嫌いだというのです!
そこで・・・。

確かにこんなに美味しそうな料理を次から次へと見せられたら、
子どもたちもみんなたまげちゃいます。
たまねぎが、あの大好きなハンバーグやカレーの中で大活躍していたなんて。
料理中に思わず口ずさみたくなる歌も出てきます。
楽しくて元気の出る絵本ですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

たまねぎちゃん あららら!

出版社からの紹介

「たまねぎ」ほど不思議な優れものはない。あの丸っこい体で、どんな料理も引き立てるからすごい。台所の王者だ!保存もきくし、体にもいいからすばらしい!この「たまねぎ」の底力を子どもと一緒に楽しみたい。「たまねぎねぎねぎたまげるぞ!」この絵本にもたまげてほしいなあ!…と絵本作家の長野ヒデ子さんはおっしゃいます。たまねぎの家族が料理に大変身して、子どもたちの大きらいが大好きに変わる絵本。驚きと発見がいっぱいです。

ベストレビュー

たまねぎ、ありがとう

 たまねぎはスープやハンバーグにすると、形がなくなるからわかりにくいですよね。こどもといっしょに料理をしたら、たまねぎが入っていることがわかるなと思いました。
 玉ねぎは、万能で健康にもいいのに、なんか地味な食材です。楽しいお話を読んで、たまねぎの底力を見直しました。たまねぎ、ありがとうって感じです。
 
 「たまねぎをぶらさげておくと、甘味が増す」らしいので、さっそくやってみます。見た目も楽しそう。
 元気いっぱいのたまねぎ親子が、おもしろかったです。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子11歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長野 ヒデ子さんのその他の作品

おもしろ落語図書館〈その一〉 / おもしろ落語図書館〈その二〉 / おもしろ落語図書館〈その三〉 / おもしろ落語図書館〈その四〉 / おもしろ落語図書館〈その五〉 / サンタクロースがよっぱらった



第12回 『あったかいな』の片山健さん

たまねぎちゃん あららら!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット