もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ジブリルのくるま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジブリルのくるま

  • 絵本
作: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年08月
ISBN: 9784776405467

28×22cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ジブリルは、さばくの村にすむ少年。
動物のせわをするのがだいすきです。
でも今、ジブリルが夢中になっているのは、くるまづくり。
「いつか、このさばくをくるまではしりたいなぁ……」
ジブリルは、あきカンやペットボトルなど、ひろいあつめたものをつかって、ちいさいくるまをつくっていましたが……

ベストレビュー

素敵な思いやり

娘もジブリルのように、身近にあるものでいろんなものを作ります。
そして、私はジブリルのお父さんのように、勝手に道具を使われてしかることがあります。
何だか、ものずごく身につまされるお話でした。

このジブリル。
本当に子供らしいところをたくさん見せるのですが、逆に大人にも真似できないような素敵な思いやりも見せます。
私はお父さんでもないのに、ホロリときてしまいました。

娘はというと、ジブリルの作った車にもう夢中。
ちょうど前の日、牛乳パックで車を作ってあげたのですが、同じような車を発見して大喜び。
と思いきやその直後、ほかの車を見て「本当はこんなのが作りたかった」って…あなた。
これからもジブリルに負けないくらいかっこいい車を作りたいと思った、娘と母でした。
(こりえ♪さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 里美さんのその他の作品

なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ / ママ、なんで?びょうきのママにききたいの / ハナちゃんのトマト / せんせいと いっしょ



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

ジブリルのくるま

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット