ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アマールカ 子羊を助けた日 (2)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アマールカ 子羊を助けた日 (2)

  • 絵本
絵: ヴァーツラフ・ベドジフ ボフミル・シシュカ
文: ヴァーツラフ・ベドジフ ヴァーツラフ・チュトブルテク
訳: かい みのり
出版社: LD&K

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アマールカ 子羊を助けた日 (2)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年04月17日
ISBN: 9784905312154

15cm×15cm 36P

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「アマールカ」の魅力を伺いました!

みどころ

ルル ララ ルラル
彼女は、森の妖精アマールカ。ダンスが上手で、やさしくて勇敢。困っている動物や人間がいたら放っておけない強い女の子。「アマールカ絵本」シリーズの中でも、彼女の女の子としての小悪魔的な魅力がたっぷりつまったのが本作です。頑固者の子羊まきげをポロリと涙で泣き落としたり、魅惑的なアマールカダンスを踊ればお月様までみとれて空からおっこちてしまうんですから。でも、それもアマールカの人を思いやる優しい心があってからこそ。絵本を開けば、今までに見たことも聞いたこともない摩訶不思議な物語が待っていますよ!

1970年代から続くチェコの子どもたちの習慣、おやすみアニメ「ヴェチェル二ーチェク」として愛されてきた「アマールカ」。ほのぼのとのんびり優しいのに、なぜかちょっぴり毒もある一風変わったそのストーリー展開も魅力の一つ。日本語版の絵本では、オリジナルのアニメーションから抜き出した絵に甲斐みのり(かい みのり)さんの可愛いらしいことばがのった小さな絵本。
夜寝る前に親子でゆっくりよみきかせ、大人もゆったり癒される1冊です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

アマールカ 子羊を助けた日 (2)

出版社からの紹介

森の妖精『アマールカ』の絵本シリーズ第2弾。
ある日、アマールカが散歩をしていると、狭い橋に行き当たりました。
そこで会ったのは自称ガンコ者の子羊・巻き毛。頑としてアマールカに道を譲ろうとしません。
困ったアマールカがどうしたかというと…?

ベストレビュー

おしゃまなアマールカ!

4歳幼稚園年少さんん娘と一緒に読みましたが,可愛い妖精アマールカに釘付けでした。
森でのお話なので,現実とは違った味わいがあるのが絵本の醍醐味ですね。
「男の子は女の子の涙に弱い」などを知っているアマールカに親の私は笑ってしまいましたが(笑)。
アマールカ,おしゃまさんですね!
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヴァーツラフ・ベドジフさんのその他の作品

アマールカ カッパが怒った日 (5) / アマールカ 王様になった日 (6) / アマールカ 大男にプロポーズされた日 (3) / アマールカ 鳥になった日 (4) / アマールカ 森番をやっつけた日 (1)



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

アマールカ 子羊を助けた日 (2)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット