うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎの試し読みができます!
作: さこ ももみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
親子の1日は、こんなにもすばらしい!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ボクのかしこいパンツくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボクのかしこいパンツくん

  • 絵本
原作: 乙一
絵: 長崎 訓子
出版社: イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年09月13日
ISBN: 9784781608297

5歳以上
27×22cm
33ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

繊細で心が折れやすい少年期。
そんな時に、なんでも話せるその子だけの親友がいれば、
確かにどんな事も乗り越えていけるのかもしれない。
例えそれが…白いブリーフパンツでも??

「やあ!さっきは危なかったね!」
そういってボクに話かけてきたのがパンツくん。
それ以来、パンツくんとおしゃべりをするのが日課となったボク。
いつも一緒のパンツくんには話すこと以外に特別な能力はないけれど、なかなか物知りだったり、
何といってもボクにぴったりとフィットして、落ち着かせてくれるんだ。

学校の行き帰りに、ズボンの中を度々のぞきこむ姿はどうかと心配になりつつ、
うーん、何だろうこの違和感のなさ。
少年には白いブリーフがよく似合う。
そういえば、我が息子も暑い夏は家の中ではパンツ一丁姿でうろうろしている。

でも。ある日突然、パンツくんとの別れの日はやってくるのです……。
そうか、ブリーフ時代を終えて少年は青年期へと進んでいく、らしい。
なんて斬新な切り口!
面白いです。そしてパンツくんの最後のセリフにグッときます。

長崎訓子さんが描くパンツくんとボクのやりとりは、ユーモラスで本当に愛らしい。
でも、読んでみれば読み応えのある少年の成長物語だったりします。
それにしてもメガネっ子のこの少年、誰かに似ているような?

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ボクのかしこいパンツくん

出版社からの紹介

ある日突然、ズボンの中から声が。パンツがしゃべった!それがボクとパンツくんの出会いだった。
それから、いつもボクはパンツくんと一緒。なんでも話せる、たった一人の親友になったんだ。
でもある日、パンツくんの姿が見あたらなくて…パンツとの友情を通して少年の心の成長を描く。

ベストレビュー

パンツの知識

おとこのこにいつもはいてもらったパンツくんでしたが、子どもはすぐにおおきくなり、大きなパンツへと卒業していきます。でも、毎日履いていたブリーフとお話していた男の子は、ある日パンツを捨てられてとてもさみしそうでした。思い入れのある服との別れがちょっと寂しくなる気持ちに共感がもてました。
(morimoriさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


乙一さんのその他の作品

なみだめネズミ イグナートのぼうけん / 角川つばさ文庫 角川つばさ文庫版 きみにしか聞こえない / くつしたをかくせ!

長崎 訓子さんのその他の作品

パンダのポンポン(9) 空飛ぶ おべんとうツアー / 絵本 眠れなくなる宇宙といのちのはなし / ポンポンクックブック / パンダのポンポン(8) 夜空のスター・チャウダー / 絵本 眠れなくなる宇宙のはなし / 日本語を味わう名詩入門(9)萩原朔太郎・室生犀星



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

ボクのかしこいパンツくん

みんなの声(19人)

絵本の評価(3.65

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット