貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おとうさん ぼく おさかなつったよ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさん ぼく おさかなつったよ!

  • 絵本
作: いりやま さとし
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年09月30日
ISBN: 9784333025633

3歳から
25×22cm
32ページ

みどころ

まだ空にお星さまがいる明け方。ぼうやはお父さんと一緒に魚釣りに出発します。
暗い道に唯一響くのは、ぴしっぴしっ、お父さんとぼうやが踏む小枝の音。
ゆらゆらとゆれるつり橋を渡り、くぬぎの木の下のふわふわの葉っぱのじゅうたんでひと休み…。
まるで大きな冒険のスタートです。
言葉にするだけでもドキドキしてきますが、優しい色合いで描かれたその静かな朝の風景の美しいこと!
この場面だけでも忘れられない思い出になりそうですね。

ぼうやは初めてお父さんに釣りに連れてきてもらったのです。
お父さんの教えてもらったとおりにしましたが、なかなか上手くはいきません。
その時、ぼうやの釣り竿がぐぐぐっとしなり…!?

いりやまさとしさんの描くお父さんと息子の絵本。大きくて頼もしく、でもとっても優しいお父さんの眼差し。そんなお父さんを見上げる可愛いぼうや。こんな関係に憧れます。お父さんが読むのはもちろん、お母さんが読んでもあたたかな気持ちになってきます。帰り道、ちょっぴりたくましくなったぼうやの後姿は、この体験がどんなに大きいものだったのかを物語っていますね。
このお話、いりやまさんご自身の体験がもとになっているそうですよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おとうさん ぼく おさかなつったよ!

出版社からの紹介

お父さんと行く初めての魚釣り。ぼうやの釣り竿には、いくら待っても魚がかかりません。
ちょっぴり飽きてきたその時、坊やの釣り竿がぐっとしなりますが――。
男の子の成長と、お父さんの優しい眼差しが描かれた絵本。お父さんの読み聞かせにぴったりです。

ベストレビュー

クマの子のワクワクが伝わって来ました

優しい絵で、ほのぼのします。お父さんと一緒に初めての魚つりに出かける男の子。
朝早く起きすぎて寝ちゃったり、初めての魚をつりあげた時の男の子のワクワクが伝わってきて、つりが大好きな息子も嬉しそうでした。

(みっとーさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いりやま さとしさんのその他の作品

パンダおやこたいそう / パンダ なりきりたいそう / パンダ ともだちたいそう / ふわふわだあれ? / ピヨピヨだあれ? / とびだすいないいないばあ!



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

おとうさん ぼく おさかなつったよ!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット