貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ねむれないこのくに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむれないこのくに

  • 絵本
作: 小竹守 道子
絵: 西片 拓史
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年08月10日
ISBN: 9784265081202

3才〜小学校低学年向け
A4変型判 21.6×24.6cm
32ページ

出版社からの紹介

「おやすみない」といったけど、ちっともねむくならないニーニとチイ。
ふたりが、ベッドのふねにのってたどりついたところは、「ねむれないこのくに」でした! 

ベストレビュー

お母さんも行けるといいな〜

息子もなかなか寝付いてくれない夜があります。

そんな夜は絵本を何度も読んで眠くなるのを待っています。

この作品も寝る前に読み聞かせましたが息子は眠気がぶっ飛んだようにお話しに夢中で…息子もねむれないこのくに行き決定かな。

息子が気に入っているのは木の上の家です。

この家の中には美味しそうなお菓子たちでいっぱいです!「なんでも好きなの食べ放題パーティー!!してる!」
ニコニコしながらそう言ってこのページを何度も見返しています。

お腹がいっぱいになったらお次はブランコです。太い木の枝にはたくさんのブランコがあり絵本の中の子供たちはみんな夢中で遊んでいます。

そしてブランコが静かに止まるころ…なんだかみんな眠くなり深い眠りにつくんです。

素敵!ですね。「お母さんも行きたいわ〜」と言ったら「一緒に行こう」と言ってくれました。「よーし!じゃ今から行くから目を閉じてみて…」と言ったら「まだ眠くないから目はあけとく」と言われ…この夜もなかなか眠れませんでした。

ねむれない息子が最後に「ブランコで寝たら海に落ちるわっ」と現実的な一言で締めくくりしていました…

ねむれない子供たちがとても楽しそうで素敵なお話しでした。
(若ゴボウさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小竹守 道子さんのその他の作品

えんそく ごいっしょに

西片 拓史さんのその他の作品

はっけんずかん うみ 改訂版 / はっけんずかん のりもの 改訂版 / 0〜3さいまでまるごと!おとこのこひゃっか / はっけんずかん でんしゃ・しんかんせん / おばあちゃんのことばのまほう / はっけんずかんプチ のりもの



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

ねむれないこのくに

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット