マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
あの日 〜わたしと大吉の阪神淡路大震災〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あの日 〜わたしと大吉の阪神淡路大震災〜

作・絵: 日比野克彦
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あの日 〜わたしと大吉の阪神淡路大震災〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

1995年1月17日。
あの日、たくさんの命が失われた。
あの日から、たくさんの人が生きるためのたたかいをはじめた。動物たちにとっても、阪神淡路大震災はたいへんな災害をもたらした。
――この絵本は、あの日からの「わたし」とシーズーの愛犬「大吉」の生きるためのたたかいの記録です。

ベストレビュー

震災の中での愛犬

被災者が動物によって癒された、励まされたという公募エピソードの絵本化。
「わたし」はあの日愛犬の大吉とたんすの下敷きになります。
たんすの重みにあきらめかけた時、そばの大吉の生きようとする力に、
生きないと!と「わたし」は意を決して抜け出すのです。
その後も続く困難も、大吉がいるから生きていける・・・。
震災時に動物救護活動に携わった方々の思いが結実し、
このエピソードが絵本になりました。
動物の存在の暖かさが伝わってきます。
(レイラさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日比野克彦さんのその他の作品

 / えのほん / おめでとうのいちねんせい



光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

あの日 〜わたしと大吉の阪神淡路大震災〜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット