ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
こども「学問のすすめ」
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こども「学問のすすめ」

文: 鴨長明
編: 齋藤 孝
出版社: 筑摩書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

なぜ勉強するのか。

子どもに読ませようと思いましたが、
今、勉強が楽しくて仕方がない小1の息子には早すぎたようです。
なぜ勉強するのか、という疑問を持ち始めた高学年以降にオススメでしょうか。
斎藤孝先生の子ども向けの訳がわかりやすくて素晴らしいです。

この本を読めば、
人はなぜ勉強をする必要があるのか。
が具体的にはっきりとわかります。
現代にも通用する文言が並び、全ページ合点がいきます。
明治の初めに、このようなことを考えた人がいることに、感動すら覚えます。

しかし。
私としては、なぜ勉強する必要があるのか、と子どもが思う時点でアウトです。
人間には本来知的好奇心があり、
学びは楽しいものなのです。
小さい子どもが「これはなに?」「なんで」を連発するのは、
学びは楽しいから。
楽しいから学ぶ、という思いのまま、大人になれればこんなに幸せなことはないと思うのですが。
親として、精一杯の努力をしたいものです。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鴨長明さんのその他の作品

ゆく河の流れは絶えずして

齋藤 孝さんのその他の作品

こども孫子の兵法 / 声に出して読みたい 小中学生にもわかる日本国憲法 / これでカンペキ!マンガでおぼえる敬語 / 先生教えて!国語のギモン / やる気も成績も必ず上がる家庭勉強法 / 10分あれば書店に行きなさい



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

こども「学問のすすめ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット