モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
はこの なかみは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はこの なかみは

作・絵: 樺山 祐和
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥632 +税

「はこの なかみは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年02月

対象年齢 3〜4〜5才向き

出版社からの紹介

かわいいワッペンのついた箱を開けると、クレヨンや糊など、子どもたちが見慣れた道具がいっぱい。木でできた古い箱を開くと、裁縫に使う糸、ボタン、針が出てきました。では、この赤い細長い箱には……。箱の中身を想像しながら、好奇心のおもむくままに、いっしょにふたを開けてみよう!

ベストレビュー

子供がうれしそうでした。

ちいさなかがくのとも、2006年2月号です。

いろいろなものに興味を示す今の時期にもってこいの絵本でした。
内容は、箱を開いて、箱の中身は何か・・・という単純な絵本なんですが、箱の選択が良かったです!
子供が興味を示して、でも、勝手に開いたら絶対に怒られる類の「箱」がありますから。

子供は、今まで見せてもらえなかった箱の中身を絵本の中で見せてもらえて大喜びでした。
「これはなに?」「これは何に使うの?」と質問攻めでした。
絵本を見ながら、いろいろと話ができて、楽しかった一冊です。
(れんげKさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子5歳)

出版社おすすめ


樺山 祐和さんのその他の作品

かきごおり / もりの ひかり



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

はこの なかみは

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14




全ページためしよみ
年齢別絵本セット