あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
佐渡牛
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

佐渡牛

作: 山田 貢
絵: 石倉 欣二
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「佐渡牛」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

佐渡の荒海と母牛の愛

『人魚姫』でコンピュータグラフィックを使った石倉欣二さんにしては、対極にあるような荒々しくて男性的な肉太の絵が印象的。
舞台の佐渡の冬の海の荒々しさを象徴するような絵に圧倒されます。

この物語で、佐渡が肉牛の産地であることを初めて知りました。
物語は、貧しい家に飼われている母牛が売られていくお話。
父母を失って残された孫たちとおじいさん。
おじいさんは島の掟を破っても雌牛を売りに出すことにしました。
船に乗せられて越後に渡る牛たち。
越後は寺泊の浜近くで、海に投げ出された牛たちが海を泳ぐ姿の力強さで買い手が値をつけます。
他の牛たちとは逆方向の佐渡を目指して泳ぐ雌牛の母性の悲壮感と海の荒々しさ。
絵は息苦しいほどに圧巻です。

雌牛の幻影でしょうか?
おじいさんは雌牛の鳴き声を聞いたような気がしました。
子牛は乳を吸っているような音を立てます。
子牛はたくましく育っておじいさんたちを助けるのですが、文末の「めでたしめでたし」にはちょっと違和感を覚えました。
悲しお話ではないですか。

地方性が強すぎるからでしょうか。
手に入りにくいのが残念です。
地域に根付いた伝承は、とても大切だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

出版社おすすめ


山田 貢さんのその他の作品

蟇と猿 / 鼻の長兵衛さん / でたらめ経

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

佐渡牛

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット