くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
いつもみているよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いつもみているよ

作: 松田 もとこ
絵: 遠藤 てるよ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いつもみているよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

『おじいちゃんは106さい』の松田もとこの新刊。
たくみとひいおじいちゃんは、大のなかよし。ひいおじいちゃんはたくみがいくと、いつも俳句を詠んでくれます。二人の心温まる交流を描きます。

ベストレビュー

死んでからも・・・

男の子と、そのひいおじいちゃんのお話です。
ふたりはとっても仲が良くて、このふたりを見ていると、静かで温かくて強い『絆』を感じます。

ひいおじいちゃんは95歳。近づく自らの終焉を感じながらも、自分が思い描いたように穏やかに安らかに最期を迎えられるものでもないと感じています。
死を覚悟し、心の準備が整っているからこその はがゆさがあるのかもしれないなって思いました。

娘は、涙を流すほど近しいものの死を経験したことはないので、まだ『死』というものに実感はもてないようです。
ただ、頭では『死』というもを理解しているので、ひいおじいちゃんの変化にすごく敏感に反応していました。

全体的に“ひいおじいちゃんの思い出”という感じで、悲しい印象はありません。
『人はいつか必ず死ぬ』という現実、けれど『いつも見守ってくれている(死んでもそばにいる)』という安心感を与えてくれるお話だと感じました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松田 もとこさんのその他の作品

おばあちゃんはかぐやひめ / いればのガタくん、そらとんだ / いればのパッコンぜったいぜつめい! / クマはどこへいくの / ついておいでよ / いればのパッコンへんだよじいちゃん!

遠藤 てるよさんのその他の作品

ごんぎつね / かくれんぼてぶくろ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(4) 古田足日子どもの本 / あまんきみこ童話集(5) / さんまいのおふだ 改訂版 / カムイチェプ神の魚



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

いつもみているよ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット