ちがうちがう ちがうちがう ちがうちがうの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
「なんの音!?」「おばけの音!?」ちがう、ちがう。あれはね…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ねこが一ぴきやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこが一ぴきやってきた

作: 広瀬寿子
絵: そがまい
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねこが一ぴきやってきた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784337330641

小学校低学年〜中学年
A5判116ページ

出版社からの紹介

ある日やってきた、きなこ色の小さなねこに、すぐるくんはプーと名づけて飼うことに。
ぶきっちょで負けずぎらいなプーとのやりとりは楽しくて、心満たされる日々でしたが、プーにはとんでもない秘密があり、大雨の夜、ついに…。

ベストレビュー

チャレンジすれば、未来は明るいよ。

 飼い主がアフリカ転勤になり、ねこはチャレンジしなければと家を出ます。ところが、ぶきっちょでえさにありつけません。

 魚の匂いにつられて「魚松」という、もと魚屋さんの家に行くと、おじさんに追い払われてしまいました。

 よたよたしながら、春山さんの家にたどりついて、ミナミちゃんという女の子と、パパと、ねこアレルギーのママに、ケーキとミルクをもらい、ねこは、べべと呼ばれるようになりました。

 次の日、ミナミちゃんが保育園に行ってパパも出かけると、ねこはまた魚松さんの家へ。今度は、おじさんとめざしを食べてビールを飲んでねてしまいます。すぐるくんという男の子が学校から帰ってきて、プーという名前をつけてもらって、段ボールの中でねてしまいます。

 よく朝早く、ねこは春山さんの家に帰ります。その翌日は魚松さんの家へと、いたずらをしながらねこは、二つの家族にかわいがられていました。


 けれどもある日、春山さんのパパが、ねこに赤いリボンをつけたことから、怒った魚松のおじさんは青いリボンをつけてしまい、ねこが他の家でも飼われていることがわかってしまいます。
 そのうち台風が来て、ねこの運命が大きく変わってしまい……。


 困難なことがあっても、落ちこまずに前を向いてチャレンジする気持ちがあれば、きっと未来は開かれる。
 これから成長していく子どもたちの心を奮い立たせてくれる本だと思います。見守るまわりの人たちも、ねこにかかわることで成長していくのですね。動物たちは単なるペットではない。意志とプライドを持っているということも伝えていると感じました。 
(はんぐるるさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


広瀬寿子さんのその他の作品

ゆらゆら橋からおんみょうじ / うさぎの庭 / かくれ森の木 / ぼくらは「コウモリ穴」をぬけて / 走れ!飛べ!小てんぐ三郎 / 追え!秘密のおたから事件

そがまいさんのその他の作品

オオカミのクリスマス / パンタのパンの木



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

ねこが一ぴきやってきた

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット