もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おもちゃびじゅつかんのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おもちゃびじゅつかんのクリスマス

作・絵: デイヴィッド・ルーカス
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月30日
ISBN: 9784198634834

5歳から
28cm/32ページ

出版社からの紹介

クリスマスイブ。
夕方、おもちゃ美術館がしまると、おもちゃたちは動きだし、
クリスマスツリーにむかってかけていきました。
「きっとプレゼントがあるよ!」
ところが、何もありません。がっかりしていると、
みんなのリーダーのネコのぬいぐるみ、バンドンが、
いいことを思いつきました。
「われわれはおもちゃだ。互いに贈り物になろう!」
ところが…?
 
ロンドンに実在する美術館を舞台に、
おもちゃたちを生き生きと描く絵本、第二弾。

ベストレビュー

ちょっとややこしい

5歳7か月の息子に読んでやりました。前作がおもしろかったから続きを読んでやったのですが、今回もちょっと趣向が変わっています。おもしろい展開なのですが、子供には少々ややこしいかもしれませんね。おもちゃがそれぞれプレゼントして包まれ、お互いに開けあうという発想は外国的なんですが、なんかややこしくて最後はどうなるんだろう?と。そのあたりがまだ5歳児でもややこしいみたいでした。クリスマスやプレゼントがでてくるので、設定としては楽しめると思いますよ。
(minatsuさん 40代・ママ 男の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

デイヴィッド・ルーカスさんのその他の作品

おもちゃびじゅつかんで かくれんぼ / 魔女とケーキ人形 / ほらふきじゅうたん / みつけたね、ちびくまくん! / ロボットとあおいことり / くじらのうた

なかがわ ちひろさんのその他の作品

まほろ姫とにじ色の水晶玉 / きょうりゅうたちのクリスマス / サイモンは、ねこである。 / ペペットのえかきさん  / おたすけこびとのにちようび / きょうりゅうたちがけんかした



温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば

おもちゃびじゅつかんのクリスマス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット