十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ほんとはちがうよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほんとはちがうよ

作・絵: かさいまり
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほんとはちがうよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784265034987

出版社からの紹介

ハリーとマットはとっても仲良し。一緒にご飯を食べたり遊んだり。ある夏、ハリーのおじさんがやってきた。世界中を旅するおじさんの話にハリーもいっしょに行きたくなる。

ベストレビュー

こころと、ことばがケンカをしてる。

ハリーとマットは、お隣同士のなかよしさん。
ハリーは、いつもあさねぼうをするマットを起こしに行きます。そして、いっしょに、朝ごはんを食べます。
そんなある日、ハリーのところに、ジョンおじさんがやってきました。
ジョンおじさんの旅のはなしを聞くうちに、ハリーも旅に出たくなりました。
それから、ふたりの関係が微妙になっていきます。

起こしてくれてうれしいのに、起こさなくていいよっていったり、
いっしょに遊びたいのに、さかなつりには行きたくないと言ったり、
ハリーのこころと、ことばがけんかをはじめて、とてもつらそう。
それもこれも、マットといつまでも仲良しでいたいから。友達が行ってしまうのがさびしいから。
マットは、ハリーのその気持ちに気がついたとき、旅をするのをあきらめます。
そして、ハリーと遊ぶのを楽しみにするのです。

小さい子供も、子供同士でいろんな葛藤をして、成長していくのだなって思いました。
そして、親は、そっと見守って、応援してあげればいいと思いました。
(多夢さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かさい まりさんのその他の作品

えらいこっちゃのようちえん / かあちゃん えほんよんで / くれよんがおれたとき / 角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(9) フルーツまつり / きみはぼくだね / 角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(8) 森のレストラン



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

ほんとはちがうよ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット