なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
プレゼント
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

プレゼント

  • 絵本
作: ボブ・ギル
訳: アーサー・ビナード
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月10日
ISBN: 9784593505401

4歳から
21×21cm 32ページ

課題図書すばこ

みどころ

ある日、ちょっぴりヒマだったアーサーが見つけたのは、
お父さんのクローゼットのおくにかくれている、赤いリボンのついた箱。
「あの箱の中味はなんだろう?」
アーサーには何となくわかります。
なぜならあと二週間でアーサーの誕生日がやってくるし、
お母さんはいつもプレゼントに赤いリボンをつけてくれるのですから。

さぁ、たっぷり時間があるアーサーの想像の時間が始まります。
ケーキ?おもちゃ?ひょっとしてふねかもしれないな。もしヨットだったら、公園へ持っていって…。
いやいや、それともボーリングのセット?チョコがずっしりつまっていたら、それはそれでオーケー。
もしかしたら、いつかねだったスケートぐつ?
それともそれとも…。
アーサーのワクワクと想像は止まりません。
果たしてその箱の中には何が入っているのでしょう。
読んでいる方も我慢できなくなってきたその時、玄関のベルが「ピンポン」と鳴り…。

あっと驚く結末が待っています。
いや、驚いたのは私だけかもしれません。
アーサーの行動を理解するのに少し時間がかかってしまったのですが、
冒頭のコメントを読んで納得。

“たべたリンゴよりも、あたえたリンゴのほうが、あとあじがいい。”
(ふるくからのいいつたえ)

子ども達の方がわかっているのかな?
作者はイラストレーター、デザイナーとしてニューヨークやロンドンで活躍したボブ・ギル。
軽快でおしゃれなイラストと、ついつい引き込まれるアーサーのつぶやき。
アーサー・ビナードさんの訳がついて、子どもから大人まで誰でも共感できる
プレゼントにぴったりな絵本となっています!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

プレゼント

出版社からの紹介

お父さんのクローゼットのおくにかくれている、赤いリボンのついた箱。
あのなかみは、なんだろう?おもちゃ? スケートぐつ?パズル? それとも、マフラー?
アーサー少年がわくわくして想像をふくらませた、そのプレゼントは……。
イラストレーター、デザイナーとしてニューヨークでもロンドンでも活躍した、ボブ・ギルの傑作絵本。

ベストレビュー

なにかな〜

このお話は、自分の誕生日が二週間後の男の子が、両親の部屋でプレゼントの箱を見つけたお話でした。そのプレゼントは自分のだと思い込み、中身が何なのか思いを巡らせているのがとってもかわいいお話でした!でも、そのプレゼントはボランティアの人のための物でした。オチがなんか切なかったです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーサー・ビナードさんのその他の作品

この本をかくして / ドームがたり / いちばんのなかよしさん / すばらしい みんな / えを かく かく かく / 雨ニモマケズ Rain Won’t



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

プレゼント

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット