おとうさん! おとうさん! おとうさん! おとうさん!
作: 中川 ひろたか 絵: ミスミヨシコ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おとうさん、おとうさん! いっしょにあそぼ! おとうさんとこどもの遊びの時間を絵本にしました。
まことあつさん 30代・ママ

子どもとの時間を楽しまなくちゃ
お勧めされていたので図書館で借りてきま…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
カエル いのちのかんさつ2
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カエル いのちのかんさつ2


出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

ひとつぶの細胞が受精・分割して増え、ひとつの生き物へと形作られていく様子、また水中の生き物から陸上の生き物へと体の仕組みが変わっていく様子などを、精緻なイラストとともに解説する。

ベストレビュー

飼育の参考に。

娘は、カエルが大好きです。
先日、おじいちゃんの畑から、おたまじゃくしとアマガエルを捕まえてきて・・・
育てることに。
はて・・・カエルは、生餌じゃないと食べないな〜
餌は、なにがいいのかな?

困ったあげく、図書館からこの本を借りてきました。

カエルのことを、隅から隅まで観察されていて、
非常に参考になりました。
おたまじゃくしの餌は、金魚のえさやにぼし、食パンでいいそうです。
変態したばかりの子ガエルは、餌を食べているかどうか、
水場でおぼれそうになっていないか、
また、水が不足していないかなど、細心の注意が必要なようです。

卵からおたまじゃくしへ。
おたまじゃくしからカエルへ。
きめ細かい観察から、カエルの飼育の仕方まで、
丁寧に教えてくています。

どうやら、作者自身が実際に飼育したもののようで、
どうりで詳しいはずだと納得しました。

細かい観察からくるイラストも、とても参考になりました。

カエル好きなお子さんに。
(多夢さん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

カエル いのちのかんさつ2

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット