しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
岩になった鯨
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩になった鯨

絵: 黒田 征太郎
文: ふくもと まんじ
出版社: 石風社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「岩になった鯨」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

北へ向かう鯨の群れ。北の海が近くなると、嵐になり、稲妻に照らされた空には、龍が舞うように浮かんでいた。天空をゆく龍に鯨のこころはわしづかみにされてしまい…。あなたの心にすむ鯨と龍の物語。

ベストレビュー

鯨が龍のおよめさんになりたい心意気

ふくもとまんじさんが 山歩きをしていて 大きな鯨のような岩を見てこの絵本ができたそうです
鯨 白い鯨は稲光から現れた龍に惚れ込んだのですね 
「私と夫婦になってくれ!」と頼むのです
しかし 龍は 「おまえは 海の王者 私は 天空の女王かなわぬことだ」と断るのですしかし鯨はあきらめませんでした

龍は 「私の住む山の頂まで くるならば 望みをかなえよう」
鯨は 頂を目指しますが 力尽きてしまうのです

ちょっとせつない 鯨のお話です
岩になってしまうのです

願いは叶いませんでしたね   どうして鯨は 龍に惚れ込んだのでしょうね
恋する鯨の願いはかないませんでしたが・・・・・

黒田 征太郎さんの絵は迫力満点でした
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 水の話 / 火の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 峠の狸レストラン / さよなら動物園



困っているぼくのところに本物の神様が!

岩になった鯨

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット