ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
水の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水の話

作: 近藤等則
絵: 黒田 征太郎
出版社: 石風社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

水は宇宙からやってきた。そして地球上の全ての生命は水から生まれた。地球という小さな星がもっとハッピーな星になるよう…。「地球を吹く」トランペッター近藤等則と黒田征太郎のコラボ絵本。

ベストレビュー

水って神秘

元始の地球。
燃え盛る地球から、水蒸気として吹き出した水は、やがて雨となって降り注ぎ始める。

蒸発しても消えないんだ…と、衝撃を受けました。
その水は、元々、地球のもととなった岩石に含まれていたもの。
無いように見えても、ある。
水って、永久不滅なのかもしれないって思いました。

そして、生命を創りだしたのも水。
水の中で呼吸ができない私たちなのに、胎児の時は水の中にいる…。

水が語るメッセージ。
深く深く、心に染み入りました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。

近藤等則さんのその他の作品

ぼくがうまれた音

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 火の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 峠の狸レストラン / さよなら動物園



『くろくまくんとしろくまくん』 小林ゆきこさんインタビュー

水の話

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット