すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
おうちにいると幸せになれそう。福ふくしいミッフィーを4種類ご用意してます♪
だれ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれ?

著者: 谷川 俊太郎
画家: 井上 洋介
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だれ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年04月
ISBN: 9784061978010

サイズ:A5判 ページ数:78

出版社からの紹介

ようこが野原ではだかの男の子にであいます。「風がきもちいいよ」という男の子。でも次の日、その子は帽子をかぶり、次の日には靴をはき、そしてとうとう……。ようこと、ふしぎな男の子の、7日間の物語。

ベストレビュー

読んだ人の意見が聞きたくなる本

井上洋介さんの絵本を集めている時に見つけたのがこの児童書でした。

読んで「??」と衝撃を受け、幼年童話?でもシリーズとしては低学年向けの児童書だしと思うとますます「??」でした。

谷川さんということもあり、存在とは?という哲学的な意味があるのかなと。

ようこが裸の男の子に出会うところから始まります。それだけでも見てはいけないものに出会ったようなドキドキ感がありました。

その後の展開も読んでいて低学年向けにはむずかしいのでは?と思ってしまったのですが、どうなんでしょう?

読んだ人の意見が聞きたくなる本だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

よるのこどものあかるいゆめ / でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない / こぶたのぶうくん / モグモグでんしゃ



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

だれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット