ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
ヨーンじいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヨーンじいちゃん

  • 児童書
作・絵: ペーター・ヘルトリング
訳: 上田 真而子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年07月
ISBN: 9784037262808

小学5.6年生から
20cm×14cm 206ページ

出版社からの紹介

頑固で心やさしいヨーンじいちゃんと暮らし始めてから、毎日はらはらすることばかり。ユーモアたっぷりに老人の命の輝きを描く。

ベストレビュー

素晴らしいおじいちゃんの素晴らしい人生

ひとり暮らしのおじいちゃんとの同居生活の喜怒哀楽。
頑固で人間味たっぷりで、家族も孫もハラハラドキドキの中で、おじいちゃんの人生のラストステージがユーモアたっぷりに描かれています。
最初はどうなることかと思っていたら、いつの間にか人気者。
恋人まで作ってしまったヨーンじいちゃん。
おじいちゃんの重量感が失せていき、最期を看取るところの切なさは、それだけ家族にとってかけがえのない存在になったからでしょう。
ヨーンじいちゃんの娘はヤーコブの母親。
おじいちゃんがお父さんであったり、お義父さんであったりする中で、様々な家族の心の位置関係が、なんだか読み終えてみると切なくも思えます。
誰もが通る道。
じめじめ感がないところが好感のもてる物語でした。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

ペーター・ヘルトリングさんのその他の作品

偕成社文庫 ヒルベルという子がいた / テオの家出 / ヒルベルという子がいた / 屋根にのるレーナ / さよならわたしの本屋さん / ひとりだけのコンサート

上田 真而子さんのその他の作品

福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン / 岩波少年文庫 ぼくたちの船タンバリ



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

ヨーンじいちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット