ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ヒルベルという子がいた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヒルベルという子がいた

作: ペーター・ヘルトリング
訳: 上田 真而子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年09月
ISBN: 9784037260309

20cm×14cm 164ページ

出版社からの紹介

施設で暮らすヒルベルと呼ばれている男の子。ヒルベルの深い喜びや恐れは、誰にも理解されない。社会の不条理を鋭くつく作品。

ベストレビュー

知的障害を生きるということ

父親を知らず、生まれるときに頭を傷つけたために知的障害をおってしまったヒルベル。
母親からは里子に出され、ついには施設に入れられてしまったヒルベル。
そんなヒルベルの生きざまに心打たれました。
知的障害といえ、ヒルベルは考える頭と心を持っています。
嫌なことをされたら、反抗心も湧いてくるし、自分の望みをかなえるためにいろいろな努力をしていきます。
ヒルベルになりきった視点で描かれる物語。
哀しい境遇でありながら、ヒルベルの生き方に圧倒されます。
ヒルベルという名は本名ではなく、彼の障害を揶揄したようなあだなであることにも、作者の痛烈な社会批判を感じました。
その後のヒルベルがどうなったか、考えさせられることにもとても大きな意味を感じました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

ペーター・ヘルトリングさんのその他の作品

偕成社文庫 ヒルベルという子がいた / テオの家出 / 屋根にのるレーナ / さよならわたしの本屋さん / ひとりだけのコンサート / ぼくは松葉杖のおじさんと会った

上田 真而子さんのその他の作品

福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン / 岩波少年文庫 ぼくたちの船タンバリ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ヒルベルという子がいた

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット