なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくは松葉杖のおじさんと会った
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは松葉杖のおじさんと会った

作・絵: ペーター・ヘルトリング
訳: 上田 真而子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくは松葉杖のおじさんと会った」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

涙を絞り出させるようなお話でした

家族の絆と、それ以上の人間愛。
これほどの思いやりがあるのだろうか。
終戦直後のウィーンで、混乱の中で母とはぐれてしまった一人ぼっちの少年トーマスが、親戚のおばさんの家を訪ね歩いてきます。
家は戦禍で形もなく、玄関跡に座る女に邪険に追い立てられるようにしてさまようトーマス。
そんなところで知り合ったのが松葉杖のおじさん。
胡散臭くも思えるあやしいおじさんが、トーマスの母親探しとトーマスが生きるために、ここまでできるのだろうかというほどの、愛情を注ぎ、母親との再会までの旅を共にしてくれます。
読んでいて涙が出てきたのです。
戦後の混乱の中で、生きるための生々しさ。
その中で、「松葉杖」はトーマスのことを考え続けます。
「松葉杖」の人間臭さと、博愛とが、様々な出来事の中で、トーマスとの絆を深めていきます。
最後のシーンで、トーマスは母親と再会します。
けれど、振り向くと「松葉杖」の姿はない。
戦争を経験し、自ら悲しい思いを持っているヘルトリングだから、ここまでかけるのでしょう。
戦争は遠い過去になりました。
でも、「絆」という言葉の意味が再認識されている今、この本の入手が難しいことがとても残念です。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ペーター・ヘルトリングさんのその他の作品

偕成社文庫 ヒルベルという子がいた / テオの家出 / ヒルベルという子がいた / 屋根にのるレーナ / さよならわたしの本屋さん / ひとりだけのコンサート

上田 真而子さんのその他の作品

福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン / 岩波少年文庫 ぼくたちの船タンバリ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

ぼくは松葉杖のおじさんと会った

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット