ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
(デジタル)パパコ絵本 ママにはないしょだよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

(デジタル)パパコ絵本 ママにはないしょだよ

作・朗読: ヒデ(ペナルティ)
構成: 八木田 真史
絵: 柳瀬 誠
出版社: アイフリーク

iphone/ipad: 有料

Android: 有料

「(デジタル)パパコ絵本 ママにはないしょだよ」

「(デジタル)パパコ絵本 ママにはないしょだよ」

こえほん

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

娘のことが大好きなペナルティ ヒデがつくった、パパとムスメのひそひそ話。女の子のお父さんに おススメ!ロマンチックな絵と、覚えやすく楽しい歌にのせて、ページをめくるたびに、パパの秘密が明かされます。二人だけの秘密ができると、親子の距離は一層縮まります。
パパが打ち明ける、ママにはないしょの話とは?
「イグアナが飼いたい」「みそ汁は赤だしが好き」など他愛もないことに始まり、徐々に核心である
「家族愛」についてのうちあけ話に近づきます。
読み終わったら、こんどはあなたの秘密をお子さんに話してみてください。
「ママにはないしょだよ」のメロディにのせて。
あなたとお子さんは、もっと仲良くなれます。

<芸人さんコメント>
娘や妻を改めて想い、大切な時間を過ごせました。きっと自分も両親に愛されていたのだろうなと何故か考え、両親の事も大切にしたいなと思いました。育児のきっかけ、お子さんとのコミュニケーションツールになれば幸いです。
(ペナルティ ヒデ)


この絵本は「パパが本当に子どもに読みたい絵本をつくろう!」という呼びかけのもと、吉本興業のパパ芸人(PaPaPARK!)と、電通のクリエーター(PaPaCo Design Project)によるコラボレーションによって制作された「パパコ絵本」シリーズのひとつです。

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!



クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

(デジタル)パパコ絵本 ママにはないしょだよ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット