ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
天才えりちゃん金魚を食べた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天才えりちゃん金魚を食べた

作・絵: 竹下 龍之介
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「天才えりちゃん金魚を食べた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年04月
ISBN: 9784265041077

小学校低学年 〜 小学校中学年向け
22.0×19.0 116頁

出版社からの紹介

天気予報をピタリとあてる天才えりちゃんが金魚をのみこんだことから……。6歳でSF童話大賞を受賞した,話題の超ベストセラー。

ベストレビュー

6才の男の子が書いたものがたり!

「天」気よほうができる「才」能をもった妹のえりちゃんのお話です。
6才の龍之介くんが妹をとてもかわいがっていて、絵日記風にお話を書いています。


私が6才のころ、
この本を本屋で買ってもらったのを覚えています。


同じ6才でこんなに書けるんだ!?
と小さいながらに驚いて、影響を受けたのをおぼえている、
今でも思い出の本です。
(そこから日記をつけたかというとそうでもない気もしますが・・
 でもこの本のおかげも1ミリくらいあったのか、私は小さいころ物語を何回かつくっています)


6、7才の子が同じように読むと、
たぶん多少なりとも同じように何か書いてみようとか思い立つのではないでしょうか?


大人にはない着眼点の場面が入っていて
おもしろいです。
(はなはなはなさん 20代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 龍之介さんのその他の作品

天才えりちゃんきんぎょを食べた



すべてのおとなとこどもに贈ります

天才えりちゃん金魚を食べた

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット