あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
グスコーブドリの伝記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グスコーブドリの伝記

  • 児童書
作: 宮沢 賢治
文・絵: 司 修
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月
ISBN: 9784591130186

小学校低学年〜
サイズ:19cm x 26.5cm ページ数:31ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

賢治の故郷、岩手(イーハトーヴ)を舞台に、賢治の理想と生涯が色濃く重なってくる作品です。司修先生が大佛次郎賞受賞後の第一作として絵本化しました

ベストレビュー

火山をコントロールして、飢饉から救う

有名な宮沢賢治の短編原作を、司修さんが文章を易しく直し、幻想的な絵を添えた作品。
原作は、私が中学生の頃購入した宮沢賢治短編集に所収されていたのですが、
何か緊迫したオーラを感じ、読まずにいたので、
今回今作を読むにあたって、原作を読み、その世界観に圧倒されました。
イーハトーヴの森で、木こりの家で両親と妹と暮らしていたグスコーブドリ少年。
ところが、異常気象で飢饉になり、両親は家出、妹は人さらいにあい、
家も見知らぬ男に乗っ取られた挙句、働かされます。
それから波乱万丈の末、火山局で気候をコントロールする研究をするのです。
飢饉と向き合うグスコーブドリの姿は、宮沢賢治の思いと重なるような気がします。
自己犠牲により、多くの人々を飢饉から救ったグスコーブドリの伝記、
という存在感が印象的です。
原作はやや難解ですので、抄訳としてはいいと思います。
絵も幻想的で、宮沢賢治の幻想的な世界に寄り添っています。
でも内容は深いので、絵本ですが、小学校中学年以上からくらいでしょうか。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長 / ますむらひろし版 宮沢賢治童話集「やまなし/ひかりの素足」

司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / ラーゲルレーヴのおばあちゃん / 絵本 銀河鉄道の夜 / 雨ニモマケズ / なきだしたやまんじい



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

グスコーブドリの伝記

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット