ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
紙芝居 おしゃべりこねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 おしゃべりこねこ

作・絵: 中原 収一
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「紙芝居 おしゃべりこねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

おしゃべり子ねこは、ウソをついてみんなを驚かすのが大好き。アヒルの親子やサルの親子、いちばんの仲良しだった子ぶたにまでウソをついた子ねこはとうとう…。みんなと仲良くできない子の紙芝居。

ベストレビュー

やりすぎじゃない?

おしゃべるな子猫が二匹います。

そのうちの一匹がちょっと嘘つきなんです。

みんなにいたずら心で嘘をついて楽しんでいます。

おかげで誰も近づかなくなり、いつも一緒にいた

子猫も離れてしまいます。

最後は仲直りしてハッピーエンド?かと

思いきや、一人ぼっちのまま。

こねこは反省して、いい子になれるかな?と

疑問文で締めくくっています。

小さい子に読むには、残酷というか、

これを反面教師にできないと思います。

仲直りで終わる話でいいと思います。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中原 収一さんのその他の作品

紙芝居 ハブラシ・ハハハ / 紙芝居 まねっこだいすき / おおきなおともだち



葉祥明さんの描く不朽の名作

紙芝居 おしゃべりこねこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット